人気の投稿

エディターズチョイス - 2019

セルフコンポスト

Anonim

私たちはいつも堆肥化したいと思っていましたが、庭がなくても、そしてニューヨーク市の有名なラット人口では、このアイデアをあきらめてしまいました。 つまり、この看板が目を引くまで...

`

私たちの地元の公園にあります。プロジェクトはセルフサービスで、ボランティアが運営しています。土曜日は午前9時から午後12時までオープンしています。

開いているか閉じているかの印が付いたバレルがいくつか設定されています。

あなたは一週間中あなたのスクラップを保存してから、それらをパイルに追加することができます。 その後、栄養豊富な土壌にあなた自身を助けることができます。

私たちはもう少し研究をしました。町の周りには数多くの堆肥化センターがあります。 私たちは土曜日の朝に戻ってきます。 他の誰かが彼らの街で似たようなことをしていますか? 何かヒントはありますか?